11月 緊急時児童引き渡し訓練で思ったこと

11月 緊急時児童引き渡し訓練で思ったこと 

 学校は保護者と地域の方からの信頼をいただかなければ、落ち着いた教育活動のできる環境を整えることができません。

 10月13日(金)に実施した訓練において、私たち教職員はたくさん、感謝する場面がありました。

 今年度、県道からの自動車乗入れを制限したことは、「より実際の場合に即して、自動車による混乱を防ぐためにやりましょう!」という地域の方の声が発端でした。

 賛成の即答を避けた校長に「当日、乗り入れ制限を伝えることは私たちもやりますから。それに、保護者も必ず理解してくれますから!」と、背中を押していただきました。

 前年度の反省から、やはり緊急時の迎えは 徒歩が望ましいという思いはありましたが、 保護者のご都合もあるのでは…と、一瞬 迷いました。

 ・・・訓練を終えて、私の戸惑いは杞憂で あったと実感しました。県道からの自動車乗 入れについての苦情は一件もありませんでしたし、徒歩での迎えについてご都合の悪い方は事前にしっかりと伝えてくださいました。

 当日、ボランティアで来てくださった方から最高にうれしい感想をいただきました。「こんなふうに、整然と訓練できたことは、保護者が学校を信頼しているからですよ。」と。

 また、ある子どもが言いました。「いつするかお母さんたちに言わないでやった方が、もっといい訓練になるんじゃないかなぁ。」と。学校も保護者も地域の方も、訓練を大事にしている姿勢が、この子どものつぶやきのような、次へのステップアップの考えを持たせたんだと思います。

 行き届いていないことは多々あることは承知のうえで、これからもますます、信頼していただける学校にしていきたいという思いを、この訓練において新たに持ちました。ご協力、ありがとうございました。